2007年3月26日 (月)

割り箸チャリティーライブ

3月25日(日)午後7時過ぎ、岩美オカリーナ・クラブの2回目となる
チャリティ・ライブが盛況のうちに幕を閉じました。

この日、ダンボール数箱分にもなる使用済みの割り箸が集まりました。
この割り箸の行方は、また後日伝えようと思います。
また、1万円弱の募金も集まりました。ご協力いただいた
皆さま、ありがとうございました。
クラブで募金に、環境のことに有効に活用します。

今回のライブは、「割り箸のリサイクルをきっかけに
環境のことを考えてほしい。」そういう思いが込められています。
今、このままでいくと自然は確実に失われていくことがわかっています。
決して明るい未来予想図を描くことができないでいます。
でも、思いを伝え、共有することで未来は必ず変わるはずです。
「音楽が大きな力となる。」そういう確信がありました。

今回のライブは、ひと言でいうと思わぬ出会いに満ちたライブでした。
その出会いに助けられ、自然と人と人とが結びつき、
引き合い、同じ空間を作り出したように感じられました。
誰もが何かしら新しい空気に触れたような気がしたと思う。

まず、出演された多くの方に感謝したい。

温かいコーラスを響かせてくれた、こーる・てっちゃんwith多歌楽コーラス、
「千の風になって」を歌ってくれた、テノール歌手の徳田徹志さん。
野犬のお二人には、準備からお手伝いをいただきました。
ピアノの弾き語りをしてくれた原田武長さん、ビリー・ジョエルの
「オネスティ」も素敵でした。
元気な声を聞かせてくれた、Sound Wave。音楽っていいねー。
飛び入りの「スカボロ・フェア」も味がありましたね。
北小PTAのおやじ過激団はちっとも過激ではなくて、大きな響きを
伝えてくれました。
打吹音楽倶楽部ブレーメンの団長、尾崎正平さん。出番まで
長い時間お待たせしてすみませんでした。今度は皆さんと
たっぷり演奏していただけたらと思います。

皆さん、ありがとうございました。
今回は都合により出演できなかった皆さんも
またの機会にぜひお願いします。

それから、飛び入りで参加された鳥取ダルクの皆さん、
片付けもお手伝いいただき、すっかりお世話になりました。

初めての出会いでしたが、社会に何かできることをということでは、
同じ思いでつながっていると感じられました。
薬物中毒の克服という重荷を背負った彼らのことは
また別の機会に伝えたいと思います。

会場となったのは、いわみジゲおこし協議会、渚交流館です。
準備、看板など、お世話になりました。
この空間にも助けられたと感じています。一度お越しあれ!
岩美町の防災無線でもPRしてくれました。

小規模作業所、岩美かたつむり工房の皆さん、最後まで
お付き合いいただきました。長時間でしたね。
皆さんのこともこれからもたくさん伝えたい。
鳥取ピアサポートの山本さんとも今回が初めての出会いでした。
今後ともよろしくお願いします。

少しずつパズルのピースがそろってきたように感じられました。
このパズルがこれから少しずつ一枚の絵に変わるんだろうと思います。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月22日 (金)

岩美病院 クリスマスコンサート

岩美病院のクリスマスコンサートに参加してきました。

下の写真は、オカリーナ二重奏「アメージング・グレース」です。

他にも、フルート演奏「I wish」、オカリーナソロ「ホワイトクリスマス」、

ボーカル+ギターで「きよしこの夜」。

岩美コーラスさんと共に、岩美病院をクリスマスカラーに染めてきました!

子育て支援センターのクリスマス会が控えていたので最後まで参加出来ませんでしたが、とても楽しかったです。Iwamibyouin_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

特別養護老人ホーム ゆむら part2!

Yumura1 17日(日)、兵庫県の「特別養護老人ホーム ゆむら」のクリスマス会、

お招き頂いて、毎度おなじみのオカリーナと歌の演奏、

そして、右の写真、効果音を組み入れた「十二支のお話」絵本の読み聞かせを披露してきました。

今回は、地元のコーラスグループ、子育て支援グループのハンドベルも一緒に演奏して、

小さな子供達もチラホラと、楽しい催しになりました。

今回は、みゆうさんが講師のオカリーナ教室の生徒さんでもあり、Yumura2

岩美オカリーナクラブの活動会員でもある稲田敬子さんに参加していただくことが出来ました。

みゆうさんとクリスマスソングで二重奏、音程もバッチリで、

とても綺麗な澄み切った響きが心を洗ってくれるようでした。

稲田さんは、老人ホームなどの訪問、演奏は初めてとの事、

良い経験が出来た、楽しかったと、充実感を味わって貰えたようです。

 クリスマス会が終わって、ケーキもご馳走になり、帰り際に所長さんから、

「春にもまた声をかけさせて下さい」と、嬉しいお言葉を頂きました。

何より嬉しいこの言葉。次回も精一杯頑張ります!!

今回も、申し訳ない程の、すっごいもてなしをして下さり、

参加した会員一同恐縮するやら嬉しいやら、

感謝感謝です。

次回、ご負担でなければ、是非、近所のこども達もお招き下さい♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

岩美病院での訪問演奏

9月21日(木)、

岩美町 岩美病院一階ロビーで、

オカリーナと歌の演奏をしてきました。

クラブを立ち上げてから、岩美町での訪問演奏は、実はこれが初めてになります。

ここでは定期的に演奏をさせて頂きたいと思っています。

オカリーナ演奏 みゆう、植田幸恵

ピアノ、ボーカル 谷口尚美

演奏曲目・・・岩美病院のブログ、ひまわり日記に詳しく記事が記載されていますので、

こちらをご覧下さい。

http://blog.tori-log.net/iwamihospital/archives/137/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

チャリティーコンサート99 in 渚交流館

長野県岡谷市で今年7月に発生した豪雨による土石流災害を覚えていますか。
7月には九州でも関東でも災害が発生しました。
とりわけ、民家を呑み込み、瞬時にして生命をも脅かす自然の脅威は、
昔から、山津波(やまつなみ)としてもおそれられていたものです。
土砂の崩壊でせき止められた川が限界を超えて、一気に流れる。
怖いですね。

9月9日に、この岡谷市の救済チャリティライブをやりました。
鳥取は「故郷(ふるさと)」の作曲者、岡野貞一の生まれ故郷です。
長野は「故郷(ふるさと)」の作詞者、高野辰之の生まれ故郷です。
こういうつながりです。
「チャリティをしよう」岩美オカリーナ・クラブでの一人の会員の
発案がきっかけでした。「何かやりたい」迷いはありませんでした。

先だって行った2つのイベントでもチャリティをやりました。
それを受けて、実際に岡谷市に足を運んで、市庁舎にも行きました。
このイベントのことも話をしてきました。
義援金の振込先口座が8月20日で締め切られるのは、
通常業務に戻らないといけないのと、費用の分配を急ぐため。
現金書留で送っていただく分は喜んでお受けします。とのことでした。

災害が7月ですから、わずかの間に準備をして、声をかけて、
ありがとう's、岩美オカリーナ・クラブ、岩美コーラス、
おやじ過激団、チェリー・マザーズ、フリマどんな?の6団体、
その他個人の方のフルート、ピアノ演奏での参加もあって、
その都度惜しみないアンコールの声が出て、自然に手拍子が生まれる、
そんなステキなライブができました。
終演後に見送った一人一人の笑顔がまたうれしかった。
何度「ありがとうございました」と言ったことだろうか。

すごく幸せでした。最高の時間を過ごすことができました。
もちろん、これがゴールではなく、これから。
いい出発点となったと思う。大きな一歩だと思います。

ぼくはいつでも精いっぱいやって、一人でも心にとめてくれる
人がいてくれたら、それは成功だと思っています。
今回は間違いなく、一生の宝になります。
実際、この写真のようにフィナーレで「ふるさと」を歌う前は、
自分で泣くんじゃないかと途中何度も思ったほどでした。

岩美オカリーナクラブ 代表 岸本みゆう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

アトリエ小学校 夏休みコンサート

鳥取市国府町中河原にある、

廃校になった小学校校舎とその備品ををそのまま利用したアトリエ小学校。

今日、8月12日14時から、岩美オカリーナクラブ活動会員による「夏休みコンサート」、

この夏の水害救済募金を募りました。

「”ポンカン。”+稲田さん」のオカリーナと歌の演奏、その後に、今日のメインイベント、

岡田美恵子さんによる絵本の読み聞かせ「つきよのくじら」。

オカリーナとピアノ、ボンゴにギター、

山内規恵さんのフルートで読み聞かせに音楽をプラス。

木造の校舎、窓からは虫の声と山の緑、ゆったりとした時間が流れて、

楽しいステージになりました。

ステージするだけじゃ勿体ないから、募金集めをプラスして、

自分たちにもやれば力になるんだと感じました。

活動を重ねて、人と人を繋げられたら嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

お初♪訪問演奏 湯村

  6月27日に、「特別養護老人ホーム ゆむら」で、

オカリーナとギター(みゆう)歌とピアノ(谷口尚美)が演奏して参りました。

コンビ名を「ポンカン。」と言います。

面白い名前でしょ。名付け親は、アタクシ、谷口尚美です。

演奏曲目は「椰子の実」「てるてる坊主」「浜辺の歌」「夏は来ぬ」「浜千鳥」

「アメイジング・グレース」「蜜柑の花咲く丘」「美しき天然」「蘇州夜曲」「イエライシャン」「アザミの歌」

「埴生の宿」「G線上のアリア」「コンドルは飛んでゆく」「里の秋」

最後にふるさとをみんなで歌いました。

思い切って、飛び込んで、演奏させて頂いたのですが、

思いの外とても親切にもてなして下さり、花束やお心遣いの手みやげまで頂いて、恐縮でした。

入所されている方も、知っている曲は口ずさんで下さり、とても楽しく演奏する事が出来ました。

何より嬉しかったのは、お年寄りの方が一緒に歌っている姿を見て、

所長さんが目に涙を浮かべて喜んで下さり、私たちの演奏に感激して下さった事です。

来て良かったと思った瞬間でした。

音楽、生演奏の力、

こうやって私たちが活動する中で、人と人の心が繋がって行く様で、幸せでした。

「特別養護老人ホーム ゆむら」の皆様、有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

ポンカン。がやってきた!

こんにちは。

ポンカン。です。

編成は二人。オカリーナ奏者みゆうさんと、ボーカルの谷口尚美、二人のユニットです。

オカリーナ、ボーカル、ピアノ、ギターという組み合わせで演奏します。

今までは依頼演奏のみの活動でしたが、

演奏活動の幅を広げたいと訪問演奏を始めました。

6月27日(火)14時から、

兵庫県新温泉町湯村 特別養護老人ホーム ゆむら で演奏します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

要約筆記 | 賛助会員 報告 | 音楽